≪必見!≫製薬工場の求人、仕事内容を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

工場で働くと聞くと、若い男性の仕事であるように聞こえることが多いです。


確かに、車の工場などでは鉄製の部品を運ぶ仕事や硬いプラスチックの部品をはめ込む仕事などの力が必要となったり、ベルトコンベアに釣られている型番にナットやボルトを締めるなど上背が必要になったりします。


周りも男性ばかりで女性や高齢者が働く場としては首をかしげるような環境かもしれないですね。


しかし、そのような、そこまで力や体力もなく、またあまりコミュニケーションも上手にとれない人たちでも、製薬工場なら可能性は十分にあります。


製薬工場の仕事内容は?


製薬工場での仕事内容は多種多様です。


例えば、医療関係のカーテルや点滴の注射などを組み立てて梱包したり、手術で使う道具の検品をしたり。


或いは、薬を秤量して小分けにしたり、原材料を確かめて量を調整したり。


時には目薬の調合を手伝ったり、化粧品の梱包などもあります。


こうやって羅列していくと、体力仕事はあまりないことがわかってきます。


そのため、女性や高齢者も就職しやすく、また集中力を必要とする作業が多い為、仕事中にコミュニケーションが発生することも少なくなります。


黙々とコツコツと、目の前のことを地道に真面目にこなしていく力が、強く求められる仕事であるともいえます。


また座り仕事も多く、少し体の弱い人やハンディを抱えた人でも十分に活躍できる場です。


グループ作業と単独作業のどちらが良いかを選ぶことも可能です。


製薬工場で勤務するメリット


製薬工場で勤務する場合のメリットはいろいろあります。


まず、工場が水や空気の良い都会から離れたところにある場合が多い為、寮なども完備しています。


しかも、女性の利用が多いのでそれに合わせてオートロックがついていたり、他の職種の量に比べてお風呂や洗面台が綺麗だったりすることが多いです。


しかも、薬品メーカーは非常に大きな会社が多い為、車工場などと同様に福利厚生はしっかりしています。


収入は、肉体労働の仕事と比べると少し落ちますが、工場の稼働時間が深夜に及ぶところも多い為、残業代や深夜手当を勘案すると、見劣りしません。


品質管理の関係上、冷暖房は当然完備されていますし、ホコリ・チリなどの空気の循環などにも気を使っているため、アレルギー体質の方や体質的に少し弱い方でも安心して働くことが出来ます。


また、生活に必要となる製品に関わる仕事のため、一度雇われて信頼されると、無期限で働いてほしいとお願いされるケースも非常に多いです。


現在、多くの大企業が倒産などしておりますが、薬品関係は非常に安定しており、そういったリスクはほとんどないと言えます。


製薬工場で勤務するデメリット


製薬工場で勤務する場合のデメリットはどうでしょうか。


まず、工場勤務とはいえ残業や深夜業務が発生する場合があるということです。


これは、鉄鋼や車など工場が動いている時間が決まっている職種に比べて製薬工場は音が出にくい為、24時間体制で稼働しているところが多いためです。


ただし、3交代制などの方法で出来る限り8時間労働内に収めようとする努力をどの企業もしているので、そこまで神経質にならなくても大丈夫です。


サービス残業の強要などが発生する様な恐れは一切ありません。


なぜなら、その結果として品質が落ちてしまったり消費者の事故が発生してしまうことは、そのまま命の危険につながりかねないからです。


次に、高収入・寮完備ではありますが、肉体労働系の工場であれば入社祝い金などもあるため、一概には比べられませんがやはり収入は低いと言えるでしょう。


加えて、少し特殊な職種でもあるため、募集自体があまり多くないという問題もあります。


派遣会社などを活用して、日ごろからアンテナを張っておく必要があるかもしれません。


製薬工場を志望している人が他業界で受けてみてもいいと思えるもの


製薬工場で働くメリットデメリットを見てきましたが、ある程度の期間、しっかり働こうという場合は、期間工という選択肢もあります。


これは、期間を決めて地方などで働くというもので、昔は季節工などとも呼ばれていました。


今では、期間労働者と呼ぶようになりつつあります。


期間工ですと、先ほどデメリットで見られた「収入が他の工場勤務と比べると低くなりがち」であったり「募集自体があまり多くない」と言った問題が解決されます。


期間工は寮に入ったり食事が工場で提供されたりすることが多い為、収入の大半を貯金に活用できます。


また、労働者自身が引っ越しをするため、日本各地の募集に応募できます。


この引越し代も企業が出してくれることがほとんどです。


女性や高齢者でもフットワークを軽くできるのならば考慮の余地があると思います。


まとめ



工場とはいえ、力仕事があまり発生しない製薬工場。


女性や高齢者でも十分に力を発揮できますし期間工であれば貯金などの可能性もずっと広がります。


更に、製薬工場を持つ会社の多くは社会的に信用のある企業が多く、そこでの職歴はその後の人生に間違いなくプラスになっていきます。


加えて、製薬工場は地道でコツコツやっていく業務が多く、人格的にも信用されることが多いのです。


じっくり腰を落ち着けて働いていけば、正社員登用もありえますし、ローンなどを組んでマイホームを購入することも夢ではありません。


人とのかかわり合いは苦手だけど、単調な仕事を黙々とやっていくことはできる、そんな人に最適な仕事と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*