★派遣会社口コミ比較徹底ランキング★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


ネットには、多くの「派遣会社口コミ比較徹底ランキング」が存在します。


派遣という働き方を選ぶ以上、派遣会社選びはとても大切なもの。


派遣会社により待遇が異なるため、1社だけでなく、3~4社の派遣会社に登録している方が多いです。


 派遣会社口コミ比較徹底ランキングの中で、あなたが登録するべき派遣会社はどこでしょうか?


そもそも派遣のメリットデメリットは?


今後、派遣として働こうとされているあなたにまず読んでいただきたい内容をまとめました。


派遣会社口コミ比較徹底ランキングの比較をしてみた


派遣会社口コミ比較徹底ランキングの中から自分に合った派遣会社を選ぶには、


  1. 時給が高い2.福利厚生や研修制度が充実している3.働きたい仕事があるの3点を比較してみることです。


大手派遣会社でオススメなのは、リクルートスタッフィング、スタッフサービス、テンプスタッフ、アデコです。


数ある派遣会社口コミ比較徹底ランキングの中でも、上位に名を連ねる大手派遣会社です。


とはいえ、おおよそ働きたい職種が決まっている場合には、専門分野での派遣を得意とする「職種特化型」の派遣会社に登録することをオススメします。


幅広い職種を多く扱う大手派遣会社にはない情報が集まっているので心強いですよ。


例えば、製造・工場・軽作業に強いのは、テクノサービス(働くナビ)、日総工産(工場求人ナビ)です。


派遣会社口コミ比較徹底ランキングの中では上位ではありませんが、どちらも大手や老舗で評価は高いです。


製造・工場関連のお仕事をお探しの方は登録されてはいかがでしょうか。


派遣のメリット、デメリット


派遣とは、雇用形態のひとつです。


働いた後に後悔しないよう、まずは派遣のメリットとデメリットを知っておきましょう。


派遣の最大のメリットは、働き方の自由度が高いということです。


例えば、勤務地や就業時間、就業期間が選べる点や、仕事の内容があらかじめ契約で決まっているため、必要以上の仕事を求められない点、職種未経験者でも就業できる点は、派遣ならではメリットですね。


その一方で、やはり正社員と比較した時に感じる格差が、派遣のデメリットです。


派遣社員は派遣先企業と直接雇用の関係にはないため、同じ仕事をしていても、給料や待遇が正社員と比べて良くないと感じている方は多いです。


また、派遣から正社員になることが難しいこともデメリットです。


どれだけ優秀な働きをしていても、派遣先企業に受け入れ態勢がなければ難しいのです。


これは、派遣会社口コミ比較徹底ランキング上位のどの派遣会社に登録しても同じことです。


正社員を目指して働くのであれば、最初からそういった働き方を探しましょう。


もしあなたが派遣以外の仕事を探そうとする場合、正社員として雇用される他にも、パート、アルバイト、契約社員、期間従業員(期間工)といった働き方があります。


目的によって派遣、契約社員、正社員を使い分けるのが良い


派遣という働き方は、確かに自由で柔軟な働き方が出来ますが、そこばかりに目を向けていては足元をすくわれてしまいます。


給与や待遇面、正社員登用がないといったデメリットを考えた時、派遣は本当にあなたに合った働き方でしょうか?


もしもあなたが、短期で給与を得たいと思っているのならば、期間工という働き方も検討してみるべきです。


期間工は期間従業員とも呼ばれ、トヨタやホンダなどの(主に自動車)メーカーで働く契約社員のことです。


企業や時期にもよりますが、月収が30万を超える人も珍しくありません。


社会保険入れてもらえる上に、直接雇用のため待遇がよく、寮があるので貯蓄も可能です。


未経験者の就労も可能で、女性の期間工の採用もありますよ。


契約期間は、3~6カ月の契約を繰り返して、最長2年11カ月。


一度やめても再度採用されれば、また同じところで働けます。


なにより期間工を採用している大手メーカーには、派遣社員と違って、正社員登用のための制度を用意しているところが多いです。


有名大企業の正社員も夢ではありません。


同じ作業を繰り返したり夜勤があったりと体力がいる仕事ですが、待遇や給与も良く、短期間で稼ぎたい方にはピッタリの働き方です。


期間工ってどうなるの?


期間工の良いところは、短期間でお金が貯まりやすいところです。


多くの人はそこに魅力を感じて応募していますが、志望理由が「お金を貯めたいから」では少し弱いです。


「体を動かす仕事が好き」や「給与や寮費無料といった待遇面に魅力を感じた」という理由がいいと思います。


実際、給料、寮費・光熱費の無償、作業着の無償貸与といった待遇は企業によって違うので、志望の決め手となったポイントを述べれば、「この企業で働くぞ」というやる気が伝わります。


ただ、期間限定で雇用するというのが企業側の大前提としてあるので、正社員登用については、最初の志望理由では避けた方が無難です。


入社後の働きでアピールしましょう。


期間工に応募する方法としては、期間工.jpや工場求人ナビといった求人サイト経由で探す方法と、企業に直接応募する方法があります。


期間満了金や月給が異なるので、自分にあった待遇で応募しましょう。


期間工に面接に行く際ですが、黒髪にスーツでなくても、清潔感のある恰好を心がければ問題ありません。


少し明るめの髪に襟付きのシャツとジーパンで大丈夫です。


履歴書や筆記用具、指定された持ち物を忘れずに、遅刻しないように行きましょう。


やる気のある態度で面接に臨めば、きっと大丈夫ですよ。


まとめ


あなたは、なぜ非正規雇用で働こうとしているのでしょう?


お金を貯めるため、正社員になるため、自由な働き方をしたいため…。色々な理由があると思います。


 非正規雇用としての働き方は、派遣だけではありません。


今回、「期間工」という働き方のメリットを知って、あなたは、派遣にこだわらずに働き方を考えることが大切だと思われたのではないでしょうか。


あなたの働く目的はなんですか?目的に合った働き方を選んでくださいね。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*