ダイハツ派遣切り?いやいやダイハツってこんなに優良会社だったんだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近の 国際情勢はめぐるましく変化しますね。


フランスの大統領選、韓国の大統領選、北朝鮮のミサイル発射、更にはロンドンやアフガニスタンでのテロなど、話題に事欠きません。


日本では特に働き方が注目を集めています。日本の産業の中でもとりわけ大きなウエイトを占めるのが自動車産業


何と言っても日本の自動車メーカーは世界でもトップレベルで、その品質は誰もが認めるところです。海外でも評価が高く、貿易問題とは別に、日本車に乗りたい人が多いのですよ。




ダイハツの工場で産み出された製品! 


 自動車メーカーと言えばすぐにトヨタ、ホンダ、日産が思い浮かぶと思いますが、トヨタグループのダイハツ工業をご存知ですか?


日本で最も歴史のある自動車メーカーです。


かつてはミゼットで一世を風靡しました。


ダイハツ=軽自動車のイメージが強いと思いますが、実際には福祉車両や代替燃料車なども製造しているんですよ。


国内の軽自動車市場で39%のシェアを持っています。


つまり3台に1台はダイハツの車なのです!


それにアジア地域でも業務を展開しており、特にマレーシアとインドネシアでは現地生産もしています。特に最新モデル「アジア」は、マレーシア政府のエコカー政策EEV(Energy Efficient Vehicle)に対応する初のコンパクトカーとして好評を博し、AFTAやTPPによる貿易自由化後を睨んだ国際競争力を備えたモデルです。インドネシアでは2015年、生産台数ナンバーワンに輝きました。




そんなダイハツの工場で働く人たち




自動車工場の期間工は他の業種に比べ待遇が良いと思います。


ネームバリューもありますし、安定しています。


少子化や若者の車離れ現象があっても、やっぱり車がなくなることはありません。


さほど経験がなくても月収にして30万円程度稼ぐことができ、赴任手当や満期慰労金などもついてきます。


ちょっとしたボーナス気分ですよ。


期間工はメーカーとの直接契約なので各種社会保険も適用されますし、工場や量の食堂も利用できます。


またダイハツでは一年以上務めると日給がアップするようです。


寮に無料で入ることができます。


しかも一人部屋で家具も備え付けであることが多いみたいです。


寮の人達と友達にもなれます。


ダイハツはじめ、自動車工場は郊外にあることが多いため、遊びの誘惑もそれほどなく、寮での食費も格安なのでばっちり貯金もできますね。


昔、業界新聞社に勤めていた友人が、たまに休みを取ってトラックの日野自動車で期間工として働いていたことがあります。


何か楽しそうで、しかも格好の小遣い稼ぎで羨ましかったですよ。 




ダイハツでの派遣切りってあるの?! 




派遣切りはダイハツに限ったことではありません。


ダイハツの製造工場は滋賀県にあります。


滋賀県は製造工場が多く、労働者の中に占める派遣労働者の比率は全国でもトップクラスです。


ダイハツ以外にもパナソニック、キャノン、ヤンマー、村田製作所、ブリジストン、日本電気硝子といった錚々たる大企業が生産拠点を構えています。


2008年のリーマンショックの時、ダイハツのみならず、これらの大手製造業がいわゆる派遣切りを行いました。


雇用期限を一か月以上残しながら解雇、そしてすぐに寮を立ち退くように通告されたのです。ただここでも注意しなければいけないのが派遣と期間工の違いです。


派遣は派遣会社との契約ですが、期間工はメーカーとの直接契約です。


同じ解雇を通告されながらも、期間工には寮を立ち退くのに一か月もの猶予があったのです。


それにリーマンショックのような現象はそれこそ何十年に一度程度のもので、自動車業界もこれに懲りて次回はそれなりに対処すると思います。 




ダイハツで働くなら期間工がお勧め?! 




正社員に比べて期間工のメリットは何と言っても制約が少ないことです。


自主残業もありません


時間も決まっているので、規則正しい生活を送れます。


夕方の終業時間も決まっていますから、安心して仕事の後に予定を入れることができます。余計な付き合いや複雑な人間関係がないことが何よりもありがたいですよね。


勿論、工場内での作業ですから接客などもありませんし、他の作業員の人達とも必要最低限のやり取りさえしていれば問題はありません。


正社員になってしまうと、部署にもよりますがノルマを課されるので毎日大変です。


辞めたいと思っても辞められません。


その点、期間工は辞めようと思えばいつでも辞められるし、またやろうと思えば復帰することも可能です。


仮にある企業の期間工が嫌になったら、別の会社の期間工を目指すこともできます。


ボーナスはないにしても、給料は正社員とほとんど変わりません。


先々が見えている正社員になるよりも、自由な期間工でいた方が楽ですよ。


仕事に困ることはまずありません。




まとめ 




ダイハツには主に滋賀工場と大阪の池田工場があります。


滋賀工場はダイハツの工場では最大規模で、働いている期間社員の数もナンバーワンです。


寮の近さも工場から徒歩5分とナンバーワンです。


しかも寮の出入り口には大浴場とコンビニがあるのです。


勿論ATM完備。


コンビニにはアルコール系もあり、食品の品揃えも充実しています。


仕事帰りにひと風呂浴びて、軽く一杯、なんていかがですか?寮には食堂もありますので自由に使えますね。


そして期間工のリピーター率が一番高いのがこのダイハツ滋賀工場なんですよ。


また期間工でも車で通勤してもOKです。ダイハツ滋賀工場では大歓迎です。社内規定はありはありますが、もちゃんと完備されています。


池田工場は寮からも最寄駅からも工場へは住宅街を歩いて15~20分くらいです。


ダイハツの社員が大勢毎朝工場へ向かいますので、初めての方でも迷うことはりません。


最寄り駅は阪急電鉄の池田駅。阪急沿線で生活環境も抜群です。


ダイハツ寮と駅の間にはコンビニが二軒ありますし、ドラッグストアやスーパー、銀行、その他飲食店など賑やかですよ。


またインスタントラーメン記念館という観光スポットまであります。




そろそろ話はここまでにしておきます。ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*