名古屋にあるmantomanで期間工に応募するのと直接応募の違いはある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

名古屋には、mantomanという派遣会社があり、こちらの派遣会社では、主に期間工のお仕事に派遣を行っています。

期間従業員である、期間工として働く場合、一定数の方が、派遣会社を通して勤めることになりますが、mantomanという派遣会社を通して働くのと、直接応募では実際にはさまざまな違いがあるようです。

そこで、期間工に応募する場合、どの方法が良いのでしょうか。期間工求人について詳しく見て行きましょう。

 

◇名古屋のmantomanとはどんな会社なの?

人材派遣のmantoman は、正式名称をMan to Manホールディングス株式会社といい、2001年2月に設立されました。

本社は愛知県名古屋市中区新栄1丁目7番7号RTセンターステージビルにあります。

名古屋の本社の他に、浜松、三河安城、名古屋、春日井、四日市、大阪、小野、岡山、広島、北九州、宮崎、鹿児島、沖縄にオフィスがあります。

求人情報を見たい人は、スマホでも簡単にスタッフ登録ができるので、登録すれば仕事を探すのが便利です。

いろいろな業種へ人材派遣を行っていますが特に製造業への紹介件数が多く2016年は約3,000人を自動車メーカーへ派遣しています。

取引先は、大手の自動車メーカーに限らず、ほとんどの自動車メーカーです。

やる気のある派遣社員には、どんどん仕事を紹介していったことが結果につながっていったのでしょう。さらに、今後も自動車業界へ多くの派遣社員を紹介していくことになるでしょう。

Man to Man株式会社のよいところは、求職者の立場に立って考えてくれるところ。求職者の個性を認めてくれるところではないでしょうか。求職者一人一人にどんな仕事が向いているのか性格や適性を踏まえて一緒に考えてくれます。

口コミを見てみると、人材の紹介数も多いので特に製造業の企業との信頼は厚いようですが、実際に働いたことのある人からは不満の声が上がっているようです。

その内容は、給料が不満、教育や研修が十分ではないなど現場での対応に不満を感じているようです。

このことから、求職者に対してその人に適切な仕事を選んで紹介しても、働き出してからのフォローが十分行き届いていないことがMan to Man株式会社で働くデメリットといえそうです。

Man to Man株式会社は愛知県にあるのでトヨタとのつながりも濃く、その他の大手自動車メーカーの面接や求人情報、仕事内容に詳しいのが特徴です。

面接時にカウンセリングを受けることができ、話しているうちに知りたかった情報をおしえてもらえたり、自分の性格に合ったメーカーの勤務地を紹介してもらえたりします。

そのため、期間工として働くときには、ぜひMan to Man株式会社のカウンセリングを受けて契約したいものです。

 

◇mantomanの期間工の求人はどのようなもの?


Mantoman という名古屋の派遣会社では、さまざまな期間工の求人が出されていると言えるでしょう。

ホームページを見てみると、本当にたくさんの企業の求人が掲載されていて、期間工として働きたいという場合、これらの企業に派遣される形になります。

有名なところで、マツダ株式会社、アイシンAW株式会社、日産自動車、日本ガイシ株式会社、ダイハツ九州株式会社など大変多くの企業があります。

期間工の求人はとても待遇が良いことでも知られていて、とても高給のお仕事です。

また寮が完備されていて、寮費や光熱費が無料となります。

このため、短期間でも生活費を節約することが出来、がっつりと稼ぐことが出来ると言えるでしょう。

期間工のお仕事は、入社すると入社祝い金が支給されますし、満了まで勤め上げた場合には、満了慰労金を受け取ることが出来ます。

この満了慰労金は、数十万円ほど支給されるところもありますので、一般的な工場のアルバイトよりも、給与が高いことが分かります。

また、期間工の方には、正社員登用制度が設けられているため、これからゆくゆくは正社員として活躍したいという方にもおすすめです。

◇【マツダ】公式の求人とmantomanの求人を見比べてみた

そこで、mantomanという派遣会社を通して期間工として働く場合と、公式の求人ではどのように差があるのかという点について比較してみましょう。

まずは、マツダの期間従業員の公式ホームページの求人をみると、日給 8,000円~10,000円、そして各種手当てが充実しているのが分かります。

入社祝い金が15万円、満了慰労金が12万円と、これも大体10万円~の金額になっています。

次にmantomanのマツダの期間従業員の求人を見てみると、同じ待遇が記載されていますが、入社祝い金がなんと6月限定入社の場合、祝金40万という金額が支給されると記載されています。

また、派遣会社からの登録の場合、選考会交通費全額支給など、交通費を支給して貰うことが出来ます。

このため、マツダに関しては、公式ホームページなどから、直接応募をするよりも、派遣会社からの登録の方が入社祝い金なども多いですし、待遇も良いのが分かります。

◇【日産】公式の求人とmantomanの求人を見比べてみた

次に日産の公式の求人と、mantomanの求人を比較してみましょう。

日産の公式の求人では、時給1,200円に、各種手当てが充実しており、満了慰労金が9万円支給される形になります。

一方でmantomanの求人を比較しても、同じ時給で、手当、満了金に関しても、公式ホームページと待遇は同じとなります。

しかし、派遣会社を通した場合、面接までにかかる、宿泊費用や交通費は全て無料になりますし、マンツーマンのカウンセリングや、面談も行うことが出来るので、派遣会社を通した方が少しお得であると言えるのではないでしょうか?

◇【いすゞ】公式の求人とmantomanの求人を見比べてみた

次に、いすずの公式の求人と、mantomanの求人を見比べてみましょう。

いすずの公式ホームページに関しても、またmantomanの求人を見ても、どちらも時給やその他手当などの金額は変わりません。

また、派遣会社を通しても、満了慰労金は同じ金額であり、3ヶ月17万円が支給される形になります。

また、さらには寮費、光熱費が無料と言った待遇も同じとなります。

このため、いすずに関しては、公式のホームページからの直接応募と、派遣会社からの登録、どちらも同じ待遇であると言えるでしょう。

しかし、この場合に関しても、派遣会社を通して応募をした場合には、マンツーマンでの面接対策やアドバイスなどを行ってくれることがほとんどなので、期間工のお仕事が不安で、誰かにアドバイスをして貰いたいだとか、そういったことを求めるのであれば、派遣会社を通した方がお得であると言えるでしょう。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。

名古屋で期間工のお仕事を探す場合、直接企業に応募をするという方法と、mantomanという派遣会社から登録をして期間工として働くという方法があります。

実際にこれらの求人を比較してみると、期間工求人によっては、派遣会社を経由した方が満了金がアップしたり、宿泊費と交通費が支給されたりと、お得であることも多いです。

しかし、待遇も変わらない企業もありますので、きちんと始めに下調べをしておくことがおすすめです。

もしも、期間工として勤務を考えていて、きちんとした面接対策を受けたいという方や、アドバイスがほしいという場合でも、派遣会社を通した方がおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*