製造業の工場に関する知りたい、わからないを丁寧に紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

多くの方は製造業はベルトコンベヤーで流れる製品に部品を取り付ける忙しい仕事くらいしか思い浮かばないのではないでしょうか?


実は多彩な仕事がある製造業についてご紹介いたしましょう。


◇製造業の工場でわからないことをまずは解決しよう


期間工の方の作業を中心にピックアップしてみました。


*家電製品の工場


一般的な家電の場合は部品組立と本体組立の2種類があります。


部品組立は電気部品を板状のプリント基板に取りつけたり半田付けする作業です。


以前は座って行う工場が多かったのですが近年立ったまま行う工場が増えているようです。


本体組立は部品をケースに取り付ける作業なので殆ど立ち仕事となります。


しかし家電の場合はあまり重たい部品はありませんので体力を気にする必要はないと思います。


*自動車、産業機器の工場


これらの分野は大きく重たい部品を扱う作業が多くなります。


しかし力任せの作業はまずありません。


理由は「製品に傷を付けたり破損する」、「怪我をする事もある」などです。


重たい部品の場合はクレーンや軽い力で操作できる工具が用意されている事が多いので心配する必要は無いと思います。


*その他


製品に関係なく製造業は組立だけが仕事ではありません。


検査、箱詰め、部品の運搬など多くの仕事があります。


◇体力的にきつくなる人、ならない人


終日の立ち仕事や同じ作業の反復で体力的にきつい場合もあります。


大抵は1ヶ月勤務位で慣れるようですが、慣れる事が出来ない人がいるのも事実です。


早く体が慣れるアイディアを期間工の方の経験談からご紹介します。


*勤務先での工夫


・コルセットをする。


立ち仕事は足の他に腰が辛いという方も多いです。


腰痛が無くてもコルセットをすると大分楽なようなのでイチオシのアイテムです。


・膝のサポータ


作業により1日に何度も立ったりしゃがんだりする事もありますが膝を痛める危険があります。


膝用サポータを使うと関節を保護出来ますのでぜひ使って下さい。


・靴のインソール


厚みのある物の方が疲労低減には効果が大きいようです。


特に安全靴を履く工場では必須だとか。


*寮や家での工夫


・充分な睡眠時間


当然ですが休養が一番大切です。


・ストレスをためない


趣味でも何でも良いので発散してストレスを溜めないようにしましょう。


◇製造業の工場は期間工がおすすめ


正社員に拘らずまず期間工をおススメします。


その理由をご説明します。


1.採用までの日数が短い


正社員は応募してから合格、勤務開始まで1ヶ月強かかる事が多いですが、期間工は面接の数日前に電話連絡だけ、面接日に合否通知、その後7~10日で勤務開始ということが多いので応募から勤務まで最短で2週間程度しかかかりません。


2.収入が良い


期間工の良さは報酬の高さにもあります。


会社により赴任旅費支給、入社祝い金5~30万円、勤務数ヶ月ごとに1~数万円の報奨金、満了手当などが支給されます。


満了手当は条件の良い会社だと3年勤務で100数十万円以上もあります。


普段の給料は残業代込で25~35万円位が普通のようです。


寮も寮費及び光熱費無料または全部込で1~2万円程度、食事も社員食堂を利用すれば生活費が殆どかかりませんので短期間でかなりの額を貯金することも出来ます。


◇続けたいけど期間工って途中できられるのでは?


一番の不安は中途解雇だと思いますが会社が倒産したり素行不良でない限り中途解雇はまずありません。


それどころか正社員登用制度を設けている会社も多く特に自動車関連のトヨタ、デンソー、アイシンはとても積極的です。


トヨタですと勤続1年以上で上司からの推薦があれば登用試験が受けられます。


登用数は2016年度で前年比3割増の500人など積極的です。


正社員になるとボーナスの支給、定年まで働けるなどのメリットが多いですが仕事が楽になるわけではありません。


責任は重くなりますし上司や後輩との関係も違って来ますのでより一層気を引き締める必要があります。


さて比較的年齢の高い方は正社員登用が不安と思います。


そのような中で特にアイシンは年齢の高い方も多く正社員になっています。


37歳の期間工の方が正社員になったというのは有名な話ですし、2015年度には679名が正社員登用されているなど明るい話題も多いです。


アイシンは期間工の4割の方が40代以上と言われており、年齢に関係なくやる気と能力で積極的に正社員登用を進めていくという姿勢のようです。


【まとめ】



期間工を受けたいと思っても「受かるのか?」と不安の方は多いでしょうが、「体力的に問題がない」、「社会人として常識がある」、「やる気がある」などが備わっていれば採用してもらえます。


入社後頑張れば1~3年後に正社員になれる可能性もありますので自信を持って応募してほしいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*