【解説】50代女性でもチャレンジ!転職して新たな仕事を見つけよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

昨今では、中高年齢者の雇用の幅も広がっています。


年齢よりも肉体的に若いという人も多くなってきたからですね。特に女性は元気で、気持ち的にも若い人が多いのです。


50歳の女性の就職について、考えてみましょう。


女性が選ぶ仕事は様々ですが、やはり女性のきめ細やかさや、堅実に物事に取り組む特性を活かした仕事が向いているようです。


細かい作業が多い仕事なども要チェックかもしれません。


自動車会社の期間工と言う仕事は、ライン作業が主で責任を持って従事することができる、経験豊かな中高年齢層の女性には適していると言えるでしょう。


そのため、自動車工場などへ勤務する女性もいます。


彼女たちは、期間工として、どんな目標を持ち、仕事を選んだのでしょうか?


ここでは、50歳代の女性が転職して働く意味について、考えてみます。




◇50歳女性の転職にはどんな仕事があるの?



50歳と言う年齢を迎えた女性たちにとって、新しく仕事を探すことは、簡単ではありません。


自分でも年齢に何となく引け目を感じてしまう人もいるでしょう。


しかし、人生経験を積んだ人を求めている企業も実は少なくありません。


50歳ともなれば、社会生活を長年過ごしてきて、仕事に関しても、いろいろなスキルを持った人も多いのです。


さらに、主婦や子育てを経験した女性にだからこそ任せられる仕事もあります。


今、世の中では、子育てに特化した職業も増えています。


保育園や幼稚園などでの補助的な仕事や、小学校の学童保育の補助など、国が子育て支援として進めている事業では、50歳以上の女性も多く求められているのです。


各地方自治体で研修を受け、国が求めるガイドラインに達すると、子育て支援者として、仕事をすることができます。


一方、それまでの仕事の経験を活かして、事務ワークを続ける人もいます。


キャリアを持った人には、体力的にも余裕を持って仕事ができることから人気です。


ただし、昨今では若い女性たちも事務職を希望することが多く、パソコンスキルを身につけた若い世代に仕事を奪われてしまいがちなことも事実です。


主婦や子育てを経験した女性たちが好む転職として、食品関係の仕事も多く挙げられます。


経験とスキルを磨いた主婦層にとって、仕事自体は難易度が低く、選びやすいと言えるでしょう。


また、企業側としても、早いサイクルで辞めてしまう若い世代よりも、期待を持って、仕事を任せられる安心感があります。




◇製造工場で、50歳女性が働くのはあり?



パソコン製造工場や、自動車工場などでは、男性ばかりではなく、女性の期間工も多く見受けられます。


女性には女性に適した作業があるからです。


男性の期間工とは違い、細かい部品を丁寧に組み立てていく作業や、完成途中の製品をチェックするなど、根気のいる作業はむしろ女性に向いているのかもしれません。


製造工場の仕事は、主に工場が用意した寮に入っての生活となりますが、実はここに50歳以上の女性も全体の10%から20%くらいの割合で存在しています。


全体に比べてみると、確かに少ない割合ですが、一度、入った人は、満了日を過ぎても、継続して再契約をする人が多いのです。その理由は、やはり高い給料と居心地の良さだと言います。


男性の期間工のような力仕事ではないですし、綺麗な個室の寮で生活をするため、一人暮らしの中高年齢層の女性にとって、気楽に続けられる仕事なのです。


女性専用の寮なので、セキュリティ面で心配することもありません。


貯金をして、自分の老後の人生設計に役立てる人も少なくありません。




◇食品工場で期間工を経験してみたら



スーパーやコンビニなどで売られているお弁当や総菜を製造する食品加工工場も増えています。


最近のコンビニの需要は年々高まっており、その底辺とも言える食品加工工場は、24時間フル稼働していても、生産が追いつかない状況です。


当然ながら、工場もまた新設される傾向が止まらず、その従業員確保に企業は頭を痛めています。


食品加工工場の特徴とも言える、清潔で安全管理がしっかりなされていることは、女性にとって大きな魅力です。


また、女性であれば、誰でも簡単に取り組める作業内容が、さらに人気を高めているのです。


サイン作業として、お弁当の担当部分を盛りつけたり、計量を行うことが主な仕事です。


この工程を覚えることはかなりたやすく、初めて食品加工工場で働く人にとっても、入りやすい職場と言えます。


それまで、夜勤などを経験したことのない人にとって、初めはその体のリズムの調整に苦労することもあるかもしれません。


交代勤務なので、昼勤、夜勤を順番に繰り返すことになります。


このことで、困惑と、不安を持つ人もいるでしょう。


年齢的なこともあり、体力的な心配をする人もいるかもしれません。


ただ、期間工として働いているうちに、必ず体は慣れていくものです。数が月、頑張ってみるだけの価値はありますね。




◇50歳女性の今後の働き方はどう変わる?



最近の50歳女性と言えば、むしろ現役と考える人が多くなってきました。


本人もそうですし、企業側もそのような受け止め方をしています。


そういう意味では、50歳の女性たちの仕事の幅は広がってきていると言えます。


50歳になって、子供たちも独立し、一人の時間が多くなると、何か仕事をしたいと考える人も増えてくるでしょう。そんな彼女たちには、様々な転職の選択肢があります。


資格を取って、専門的な仕事を目指す女性も多くなりました。


家で受けられる通信教育が人気ですが、どんな資格が取得できるのでしょうか?


昨今の社会事情から考えると、介護ヘルパーの資格を取る人も多いですね。


また、薬局で活躍する調剤薬局事務や医療事務なども需要が高くなっています。


また、食の安全が叫ばれる今、管理栄養士や調理師の資格を取得し、仕事に結びつけている人もいます。


調理が好きな人にとっては、趣味兼高収入が得られる効率の良い仕事と言えますね。自分の好きなことを仕事に転職できるのは、幸せなことですし、また、いつまでも続けられる仕事は魅力的でしょう。




まとめ


人は誰でも年を取りますが、年齢を重ねることで磨かれるものもあります。


女性は主婦、子育てを通じて、多くの宝物を手に入れます。そのことを武器に、中高年齢期に仕事が選べるとしたら、それはとても素晴らしいことだと言えるでしょう。


そんな仕事を見つけるために、今は中高年齢対象の求人募集も多く行われています。


社会も彼女たちの経験やスキルを求めているのです。かつては、就職は若い人が中心とされていましたが、高齢化が進む現代は、50歳と言えば、まだまだ現役世代と考えられるようになってきたのです。


そのため、若い世代が多く活躍する職場でも、50歳の女性たちは同じように働いています。


全寮制の期間工の仕事を選択する女性も増えており、新しい自分にチャレンジすることで、自分の夢を叶えたいと考えているようです。体力的な問題さえ解決できれば、作業内容は十分に習得できるものばかりです。まずは、転職と言う形で、あなたの第一歩を踏み出してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*