【リアルお菓子の工場!】製菓工場の求人情報!徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 世の中には、本当にたくさんの仕事があります。しかし、求人情報誌などの目に留まるのは、「営業」「運送」「電話オペレータ」など、ありきたりの職種ばかりです。実際のところは、自分に興味のある業界や、好きなジャンルの仕事に就きたいのに、ついつい数の多い求人を見て、そっちへ流れてしまう…というのが現実のようです。例えば、この記事を読まれている方の中には、「好きなお菓子を作りたい」「甘~いお菓子の香りに包まれて仕事をしたい」という希望を持っているのに、なかなか良い仕事が見つからず、それ以外の仕事に就いている方もいるかもしれません。


 今回は、そんな現状の中、「製菓業界の仕事」という分野をクローズアップしてみたいと思います。実際のところ、製菓工場などの仕事はどんな内容なのか? 待遇はどうなのか?などを調べてみます。さらには、それらの条件を吟味した結果、どんな仕事がおすすめなのか?という点に至るまで、詳しく解説していきたいと思います。


 


【ケーキ作り?!】製菓工場で働く仕事の内容ってなにするの?!


 まず、製菓工場での仕事内容から、チェックしていきましょう。お菓子工場の求人や、実際に勤務していた方の体験談などを見てみると、だいたいの仕事内容がわかってきます。


製菓工場での仕事は、その名の通り「お菓子を作る製造ライン」での仕事が殆どです。例えば、ケーキやクッキーの製造部門に配属された場合は、製造ライン上に立って、オーブンで焼かれた製品を取り出したり、不良品がないかどうかを目で検品したりする作業が多くなります。又、ケーキ好きならたまらない、果実のトッピング作業や、生クリームを乗せたりする作業も担当したりする場合もあります。もちろんこの場合には、製品の特性上、涼しい場所で仕事ができる事になります。しかし、楽しいことばかりではなく、例えばゼリー部門などの部署に配属された場合には、高温且つ多湿の工場で一日中作業する事も多くなる為、少々体力的にも厳しい仕事が与えられるケースも少なくありません


 


【手厚いサポートはあるか?】製菓工場の待遇どうなの?!


 次に、製菓工場の待遇や職場環境について、いろんな情報を集めてみたいと思います。


 まずは、待遇面からです。一般的な製菓工場の給与は、年齢にもよりますが、20万円~25万円程度といった感じになります。休日は土日が工場が休みのところも多いようですが、自社で店舗なども経営しているような会社は、365日稼動している為に、シフト制を採用している会社も多いようです。そして、一般的な社会保険制度なども充実していますし、住宅手当・家族手当・職能手当なども支給されるところが多くなっています。また、昇給も年1回ありますし、正社員であれば賞与も支給されます。ただ、基本給がそれほど高くない分、年収ベースで考えれば、300万円~350万円程度といった収入になると見込まれます。さらに、職業柄海外へ製菓技術を磨くための研修へ行かせてもらえたり、製菓に関する資格取得ができるような支援制度を充実させている会社も多くなっています。


次に、職場環境についてです。こちらは、やはり女性が多い職場…という事もあってか、人付き合いに苦労する場面も多いようです。女性同士で派閥が出来たり、上司から気に入られなかったりすると、軽いいじめのようなものに遭ったりするケースもあるようですから、対人関係でストレスを抱えるのはちょっと…と思われる方には、向かない職場かもしれません。




【希少!!】製菓工場の優良求人!


 では、早速実際に出ている製菓工場の求人を見ていきましょう。以下がその一例となります。


 1, 和菓子で有名な鼓月の本社工場のスタッフ


この会社では、和菓子の製造ライン上での仕事、梱包スタッフ、検品作業などの求人を出しています。時給は900円~1000円となります。福利厚生としては、交通費は全額支給・制服貸与あり・残業手当あり・食堂あり・従業員割引ありといった内容となります。特にお菓子が好きな人なら、従業員割引があるのは嬉しいポイントです。


http://job-gear.jp/kogetsu2/kyujin_d.htm?L=BMSDetail&SF=1&ID=A50706816452&utm_source=Indeed&utm_medium=cpc&utm_campaign=Indeed


 2,製菓工場 クッキー等の製造スタッフ


こちらは洋菓子、特にクッキーの製造スタッフとなります。クッキーを焼く工程を担当したり、製造ラインで流れてくるクッキーを検品したり、梱包したり工場内で運搬するような仕事を担当します。時給は、950円~1188円となっており、週払いも可能な点は嬉しいポイントです。また残業代ももちろんきっちり支払われます。(残業時給は基本時給の25%UP)ただ、勤務時間が①(8:00)9:00~17:00と②22:00~翌6:00の二交代制となる為、少しだけ生活が不規則になる可能性があります。ただ、これは慣れてくるとそれほど問題にはなりません。


  以上のほかにも、お菓子工場の求人はあるのですが、全体的な求人数はそれほど多くありません。その中で、比較的条件の良いものを選ぶ事自体が難しくなっているのも現状です。また、全体的には給与ベースが低く、前段でも触れた通り年収ベースで300万円前後が最も多くなります。また、勤務シフトが二交代制だったり、決まった曜日が休みでない、というケースもありますので、絶対に土日を休みたい!という方には不向きな職種と言えるかもしれません。




【製菓工場よりも高待遇?!】期間工で働いてみませんか?


 ここまでの解説では、製菓工場での仕事は、好きなお菓子作りに携われるというメリットがある一方で、交代勤務もあるのに若干給与が少なかったり…と、収入面では厳しいものがある、という点をお伝えしてきました。


 では、同じ工場勤務という点で見るなら、少し視点を変えてみるのはどうでしょうか?


 ここで、是非チェックしておきたいのが、「工場で期間工として働く」というスタイルです。期間工とは、主に製造ラインがある職場で、働く期限(6ヶ月・1年・2年※最長でも2年11ヶ月)を決めて企業の直接雇用(契約社員)で働くという方の事を指します。期間工と聞けば、自動車工場?とすぐに連想してしまう方も多いようですが、勿論自動車メーカーでの工場勤務もあれば、電子部品などを製造する工場での勤務もあります。したがって、男性に限らず女性でも期間工として働いている方も少なくありません。また期間工を始める方の多くは未経験者であり、というのも期間工の仕事は単純作業であり、経験者ではなくても雇用されることがあります。


 気になる期間工の待遇ですが、前段でも触れた製菓工場での待遇と正反対になるくらいの高待遇が期待できます。まず月給は約30万円程度が支給されます。勤務こそ、製菓工場と同じような交代勤務が多くなりますが、基本給が高い分、深夜作業手当てなどが支給されると、総収入がもっと増える事になります。また、給与以外にも満期慰労金や報奨金、入社祝い金や帰任手当て・赴任手当てなどが支給される場合もあり、あるメーカー勤務の場合だと、3ヶ月で120万円を超える収入を得られる場合もありますまたワンルームのきれいな寮を無料で使えたり、格安の食事も利用できます。したがって、生活にかかる費用を極限まで抑えられるので、お金を貯めたい方には最適な仕事と言えます。もちろん女性の期間工の方には、女性専用の寮が用意されたり、場合によってはレオパレスなどのマンションが与えられる場合もあります




【まとめ】


 以上、今回は「製菓工場での求人」を探している方の為に、実際のお菓子工場での仕事内容・待遇をご紹介し、製菓工場よりも注目すべき仕事がある、という点についても、詳しくお伝えしました。製菓工場での仕事は、ケーキや和菓子などの製造に携われるので、お菓子好きにはたまらない仕事と言えますが、実際のところは給料が低かったり、職場での人間関係に悩まされたり…と、少々難題もあるようです。


 一方で、期間工なら人間関係に悩まされることなく、作業に没頭できますし、なによりも高待遇が魅力です。たしかに好きなお菓子作りの仕事に就く、というのも大事かもしれませんが、ここは実際に手元に残るお金などをしっかり計算して、自分にとって最もメリットがある仕事はなんなのか、よく考えてみる事をおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*