日総工産の電話番号を調べて電話をする前に読んでおくと捗る内容を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「日総工産」ってどんな仕事をしているのでしょうか?

「日総工産」って働きやすいのでしょうか?

日総工産について調べている人は多いかもしれませんね。

日総工産は全国にたくさんの支店がある会社なのです。

今日は、日総工産とはいったい何をしている会社なのか?

会社の所在地はどこなのか?や実際に働いた人の評判はどうなのか?

そして日総工産で働くメリット・デメリット、利用したいサービスまで詳しく紹介していきます。

 

◇日総工産はどんな会社なの?


日総工産の主な仕事は、製造業の人材派遣サービスです。

1971年に創業、神奈川県横浜市港北区新横浜1丁目4番1号で日総工産横浜ビルに本社があります。

本社事業所の電話番は045-476-4121です。

東日本、西日本、南日本エリアに分かれていて、どこの会社で働いても安心して仕事にとり組めるよう現地で相談ができるようになっています。

日総工産は、大手メーカーの自動車工場や電子部品工場で働きたいと希望する人のために、求人誌やハローワークへの求人公開を行っています。

専用のコールセンターを完備するなど、独自の採用ツールやノウハウを利用し、メイド・イン・ジャパンの物づくりを応援しています。

日総工産の人材派遣サービスは、社員の紹介やリピーターが多いことから、働きやすい会社であることが伺えます。

「派遣の現場担当者が近くにいたので安心して働けた」といった口コミがあります。

また、仕事につく前の研修制度や、悩み事を相談できるホットラインがあるので紹介していきます。

 

◇日総工産の研修制度とは?

日総工産には「人を育てて、人を活かす」という創業理念があり、人を育てる学び場づくりをしています。

独自の研修ルームをもち、質の高い人材が職場の原点になるという考えから研修制度が取り入れられています。

そのため、自動車や電子部品工場で働くのが初めてという人でも安心して応募することができます。

研修ルームでは、工場で実際に使用する機械を使って研修を受けることができるのである程度仕事のイメージもつかみやすくなっています。

工場で働く仕事と言えば、派遣社員の他に「期間工」という仕事があります。

期間工はメーカーと契約して働く契約社員です。

初心者の人にはこの期間工もおすすめです。

期間工は配属先で丁寧な研修を受けるので、入社後からでも安心して働くことができるのです。

派遣会社を通して期間工になることもできます。

多くの手当が受け取れ、福利厚生面でもお得になることがあります。

派遣社員に応募する時は期間工の条件もチェックするようにしましょう。

 

◇日総工産の紹介で、期間工でとして働こう!

 

日総工産は、ご存知の通り、北海道から沖縄まで、全国に拠点を置く派遣会社です。募集をしている仕事内容は多岐にわたりますが、工場関係を得意としています。大手自動車メーカーの工場や、自動車部品、精密機器などの製造業全般の仕事を多く取り扱っているのです。

 

通常、派遣会社からの紹介で、派遣先に行くと、派遣会社との契約での就業となりますが、トヨタなど大手自動車メーカーとは、日総工産からの紹介で、直接契約と言う雇用形態になります。これは大きなメリットで、期間工として働く人々にとって、福利厚生が完備される上、高収入を得られるチャンスとなります。

 

それと言うのも、日総工産は、多くの優秀な人材を揃えることで、大手自動車メーカーとの信頼関係を築いており、期間工として働く人々には、高待遇が用意されているのです。日総工産は、事前の研修制度もあり、期間工として働く人々の教育もしているので、企業側、応募する期間工にとっても安心なスタートが切れるのです。期間工として働こうと決めたら、まずは日総工産の電話番号をチェックしましょう。


◇ぜひ利用したい日総工産のホットライン

研修を積んで仕事には早く慣れてこなせるようになっても、新しい人間関係に悩まされることもあるかもしれません。

また、慣れない仕事をして体調をくずしてしまったということもあるでしょう。

そんな時は、日総工産に専門の相談員がいて話を聞いてくれます。

日総工産には、メンタルヘルスケアのホットラインが用意されていて派遣社員ならだれでも利用できるようになっています。

仕事の内容や、上司、同僚のこと、または寮での生活のことなど何でも大丈夫です。

採用が決まれば、電話番号の書いたカードなど渡してもらえるでしょう。

不要だと決めつけず、いざというときのために置いておくようにしましょう。

いくら待遇がよくて快適な寮生活だと言っても仕事も私生活も同じメンバーでは疲れてしまいますよね。

専門の相談員は、電話なので顔も見えないし、客観的なアドバイスがもらえると思います。

悩みごとがあれば、一人でモヤモヤと考えるのではなくホットラインを利用してみるのもよいかもしれませんね。

◇紹介されて、工場で働きだしたら終わり、ではない!

 

派遣会社から派遣先の工場へ紹介されて、実際に働き始めてみると、時に不安になることもあるでしょう。離れた土地に、たった一人で体一つでやってきたのですから、むしろ、落ち着かない人がほとんどです。仕事はライン作業が多く、一人一人が自分の作業に集中するため、周囲の人間と話をすることもあまりできないでしょう。緊張と、普段使わない筋肉を使うことで、心身ともに疲労を感じて、心が折れる人もいるのです。

 

そんな時に、気軽に話しかけられる先輩社員や、上司がいれば良いのですが、仕事を始めてすぐには、なかなかそんな余裕も勇気も出ないのが当然です。個人寮で、ふさぎ込んでしまう人もいて、わずか数日で、夜逃げしてしまう人もたまにいるのです。

 

しかし、そんな時こそ、日総工産の担当者に連絡をしてみてはいかがでしょうか?日総工産には、メンタルケアのホットラインと言う電話番号が設けられており、派遣先に送り出した期間工からの電話相談を待っているのです。体調を崩した時や、心が折れた時には、まず相談してみましょう。

 

◇日総工産の評判とは?

日総工産の評判ってどうなんでしょうか?実際に働いたことがある人の口コミを見ていきましょう!

日総工産の口コミを見てみると、やはり「相談に乗ってもらえた」「配属先に担当者がいたので安心できた」など全国に支店があるので安心という意見が多くありました。

その他、「派遣社員の対応に追われて、勤務時間数が契約より長い」「拘束時間が長い」「時給が決まっていて、給料が少ない」「ボーナスがなく、収入が少ない」といった給料面で満足できていない口コミが多くなっています。

しかし、派遣社員なので働いた分だけ時給は支払ってもらえます。

ボーナスがなくても時給がある程度よければ、ボーナス出る正社員と同じくらいの年収が稼げることもあるんです。

それでも、もう少し収入が欲しいという人は大手自動車メーカーの期間工の仕事を考えてみてはいかがでしょうか?

派遣社員と同じ工場で働く期間工は、入社が決まれば入社祝い金や新生活準備金が支給されることも多く、日給が1万円前後と非常に高くなっています。

さらに、契約期間働くと期間満了金が数十万円単位でもらえることがほとんどです。

 

【まとめ】


日総工産は横浜に本社があり、おもに製造業の人材派遣をしている会社です。

独自の採用ツールやノウハウで日本の製造業界に貢献しており、研修ルームや悩み相談のホットラインなど派遣社員が安心して仕事ができる環境づくりをしています。

時給も高く、待遇もよいので日総工産の派遣社員は働きやすい仕事だといえそうです。

配属先によれば残業が多いところもありますが、派遣社員は働いたらその分給料がよくなります。

日総工産の派遣で働いてしっかりお金を稼ぎましょう!

以上となります。ご精読ありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*